【FFグラマス】サポートジョブのおすすめな選び方や解放条件も!

  • 城ドラ ジャイアントベビー 城ドラフェス 新キャラ
  • 【FFグラマス】サポートジョブのおすすめな選び方や解放条件も!

    FFグラマス ジェム
    ジェムの増やし方!無料で安全に増やす方法を紹介!

    FFGMで大切になってくるジョブ選び。序盤はメインジョブのみでストーリを進めていきますが、ある程度進むとサポートジョブが選べるようになってきます。

    サポートジョブというのはメインジョブ以外にもう一つサポートとしてジョブを選び、そのサポートジョブの武器が装備できるようになりアビリティも使えるようになります。※防具はメインのジョブのみ

    簡単にいうとメインが白魔道士でサポートが黒魔道士なら、回復特化の白魔道士なのに黒魔法も使えるキャラになるということですね。このように色々なジョブを組み合わせ自分好みのキャラを作ることが出来ます。

    サポートジョブを手に入れるとFFGMがより一掃面白くなるので、序盤にサポートジョブは手に入れておきましょう!

    スポンサードリンク

    サポートジョブの解放条件は!?

    サポートジョブはジョブクエストをクリアしないと解放されないので、ある程度(総合戦闘力4000以上)強くなったら挑みましょう。

    サポートジョブ解放クエストの内容がコチラ⇩⇩⇩

    【サポートジョブ解放①】
    条件:ストーリーを見る

    【サポートジョブ解放②】
    条件:フライ 15匹倒す(LV20)

    【サポートジョブ解放③】
    条件:クラブ 15匹倒す(LV33)

    【サポートジョブ解放④】
    条件:スケルトン 15匹倒す(LV35)

    【サポートジョブ解放⑤】
    条件:ストーリーを見る(サポートジョブ解放)


    スポンサードリンク

    サポートジョブのおすすめな選び方!!

    解放されたら早速、サポートにするジョブを選べばいいのですが何を選んだらいいのか迷う方も多いと思います。そこでサポートジョブのおススメな選び方について紹介したいと思います。参考程度に見て頂けると嬉しいです。

    まず現時点(10/23)でのジョブ数は全部で戦士、モンク、シーフ、白魔道士、黒魔道士、ナイトの6つ。サポートジョブの選び方として「この中で装備の使いまわしが出来るのかどうか!?」というのを考えて組み合わせるのがいいのではないかと思います。

    例えば戦士をメインにしていたらサポートはナイト。防具にセットできるのが二つとも重装備ということ。

    モンクをメインにしていたらサポートはシーフ。防具にセットできるのが二つとも軽装備ということ。

    白魔道士をメインにしていたらサポートは黒魔道士。防具にセットできるのが二つとも魔装備ということ。

    こうすればメインジョブを戦士からナイトにしても装備の使いまわしが出来ます。このように防具共有でサポートジョブを選ぶ方法もあれば、各ジョブの特徴から選ぶ方法もありですね。

    シーフなら会心率(クリティカル)がアップするスキルが多く、戦士なら物攻がアップするスキルが多いのでメインが戦士でサポートがシーフなら物理攻撃に特化したキャラが出来そうです。

    また魔法特化にしたいならメインが黒魔道士、サポートは魔攻の高い白魔道士またはシーフなど。オールマイティーキャラを目指すよりかは、何かに特化したキャラを目指す方が強くなるような気がします。

    面白いRPG系のガチ推しゲームを紹介!

    10月末に350万ダウンロード突破した大人気ゲーム「ヴァルキリーコネクト」
    通称「ヴァルコネ

    城ドラでキャラ育成時のヒマな時間に始めてみました!

    最近、始めたばかりだけどすごく映像や絵が綺麗でイイ!!ストーリーも良く、3Dキャラはカワイイし声優も超豪華
    システム自体は以外に簡単で面白いです!

    簡単な操作で遊べてバトルに勝利したら、レベルが上がるので楽チン!オートもあるので戦闘も楽!

    無課金でもそこそこやっていけるので、気長に出来る方にオススメのゲーム!

    レビュー評価は★4.6とさすが高いだけのことはあります!

    RPG系のアプリゲームなら「ヴァルコネ」
    ガチでオススメです!!

    【iOSはコチラ】
    ヴァルキリーコネクト
    【androidはコチラ】
    ヴァルキリーコネクト


    スポンサードリンク
    • 2015 10.23
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • LINEで送る
    RETURN TOP