【城ドラ】ジャイアントサイの評価!使い方が難しいキャラ【城とドラゴン】

  • 城ドラ ジャイアントベビー 城ドラフェス 新キャラ
  • 【城ドラ】ジャイアントサイの評価!使い方が難しいキャラ【城とドラゴン】

    7月1体目の新キャラ「ジャイアントサイ」が登場しましたね。城ドラフェス2016で発表されていたキャラで早くも登場です。

    【2016年追加される新キャラ情報はコチラ】
    新キャラにヴァルキリー!?ヒュドラ!?

    見た目は大きいジャイアントサイですが、コスト2キャラとなっています。

    では早速、ジャイアントサイのステータスやスキル、動画などを確認して買うべきキャラなのか?使えるキャラなのか?を本記事で探っていきたいと思います。

    スポンサードリンク

    ジャイアントサイのステータスとスキル!!

    ジャイアントサイのCP販売8月31日~、ステータスは以下のようになっています。

    城ドラ ジャイアントサイ

    ジャイアントサイはコスト2キャラで進撃、召喚数は4体。攻撃範囲は近距離【少数】で対空攻撃はありません。砦を占拠することも出来ます。

    ステータス的にはHP、防御力がやや高めです。他のコスト2キャラと比較してみると…

    【ジャイアントサイ】
    攻撃力:336 防御力:466 HP:600 召喚数:4体

    【バーサーカー】
    攻撃力:337 防御力:414 HP:567 召喚数:5体

    【リザードマン】
    攻撃力:337 防御力:374 HP:533 召喚数:8体

    攻撃力は他のキャラと比べても違いはありません。しかし防御力とHPが高めになっています。攻撃回数もほぼ同じ。ステータス全体的にはあまり違いは見られませんが、召喚数が4体と他のコスト2キャラに比べて少ないです。

    ちなみにLV30、フル装備時の推定フルステータスはコチラになります。

    ジャイアントサイ【攻撃力:631 防御力:876 HP:1128】

    参考として、バーサーカーのフルステータスがコチラ

    バーサーカー【攻撃力:633 防御力:778 HP:1065】

    スキルはツキアゲ!メリットやデメリット

    スキルは「ツキアゲ」でリザードマンに似たスキルとなっています。しかしリザードマンのは前方に飛ばすのに対して、ジャイアントサイは後方に飛ばします。後方に飛ばすことによって敵キャラを自陣に誘い込み、攻撃することが可能になるスキルですね。

    ツキアゲが効かないキャラもおり大型、コスト4キャラ、魔導機兵、ジャイアントクラブには効きません。

    メリット

    このスキルの良い点は以下のようなものがあると思います。

    ・迎撃キャラを後方に飛ばし無力化
    ・城前や自陣に召喚した迎撃キャラに処理を任せれる
    ・ラストスパートのワンパン要員

    【迎撃キャラを後方に飛ばし無力化】

    相手が砦を守るために出した迎撃キャラ。砦を占拠するには倒さないといけないですが、サイがいれば「ツキアゲ」で後方に飛ばし無力化させることが出来ると思います。

    スライムなどを後ろに飛ばしてもいいかもしれません。しかし無力化したとしても、その場に居続けるので後々厄介になる可能性もあります。

    【城前や自陣に召喚した迎撃キャラに処理を任せれる】

    ドラゴンライダーや魔導機兵、ケルベロスなどの迎撃キャラが育っている場合は、サイにドンドン「ツキアゲ」てもらい後方に流すことで安全に城前や砦裏での処理が出来ると思います。サイでツキアゲて自陣に引き込み、安全な場所で処理。これだけでもコスト勝ちが狙えそうです。

    例としては砦攻防時に相手がアシュラを出してきた。こっちにはドラゴンライダーがいるが相手にはアーチャーがいるのでライン際での召喚は危険。そこでサイを出し後方に飛ばすことで、ドラゴンライダーを安全な場所で召喚でき、アシュラ対策が出来るといったパターンもあると思います。

    サイは敵キャラを自陣に無理やり引き込ませることが出来るキャラです。これを上手く活用していくことでサイを最大限活用していきましょう。

    【ラストスパートのワンパン要員】

    そして最後の良い点はワンパンを狙うことが出来るというところ。ツキアゲで敵と交戦することなくドンドン進んでいくことも可能だと思います。

    使用条件としては、相手のコストが少なくなったところ後方に飛ばしたキャラを処理する必要がないラストスパート。この状況時に出し「ツキアゲ」が決まればワンパンの可能性もなくはないと思います。これらの点はカエル剣士と似ていますね。

    【サイでの長距離カウンターが成功する動画】

    デメリット

    逆にこのスキルの悪い点は…飛ばすキャラを考えておかないと飛ばしたのはいいが、止めることが出来ないという最悪の状況になる可能性もあります。

    例えばプリティキャットを飛ばしたが、止めれず大型を出すはめになった。〇〇〇を飛ばしたが砦を削られた&占拠されたなど、飛ばしたあと何らかの処置をしておかないと、思わぬ状況に追い込まれるかもしれません。

    またカタパルトやエンジェル、タートルキャノンといった遠距離サポートキャラを主に使う方もいると思います。逆にそういう方にとっては邪魔になるかもしれません。ツキアゲられて来ても欲しくない場所に敵が来てしまうなど。

    サイのスキルは他のキャラとのコンビネーションが大切になってきそうですね。

    状態異常は効く!?アンチキャラは?


    状態異常はほぼ全部入るようですね。アンチキャラは現在不明ですが、コスト2なので他のキャラ同様これといったアンチはいないのかもしれません。わかり次第記載したいと思います。

    スポンサードリンク

    ジャイアントサイのツキアゲ動画

    ジャイアントサイの動きを動画で確認してみましょう。

    『城とドラゴン』『城ドラ』:ジャイアントサイを使ってみた!

    ジャイアントサイの使い方!

    ジャイアントサイの主な使い方としては…
    ・開幕時の砦占拠
    ・ラストスパートのワンパン要員
    ・砦攻防時の前線
    など

    主にスキルを使い砦占拠を狙っていく使い方でいいと思います。ツキアゲて後方処理そして前進、これらを繰り返し砦占拠を狙っていきましょう。

    【参考動画】

    ジャイアントサイはどうなのか!?評価してみる!

    城ドラ ジャイアントサイ

    ジャイアントサイは使えるキャラなのかどうか!?このキャラは召喚数が4体と少なく他のコスト2と比べて手数が少なくなります。リザードマンやスケルトンといった手数の多いキャラではないので、様々な場面で使えるキャラではない印象。単体で使うのではなく、スキル発動と迎撃キャラの組み合わせで活躍が期待されると思います。

    迎撃キャラが育っていればサイは使えるキャラだと思いますが、主に進撃キャラをメインとする方は使いどころが難しいキャラだと思います。

    またスキルの特性上、守りにも向いていません。これはカエル剣士にも言えることですね。守るために出したのに余計ピンチにというパターンもありえます。他のコスト2とは違い使いどころを選ぶキャラですね。

    ジャイアントサイはこんな人にオススメ
    迎撃キャラが育っている

    以上、ジャイアントサイについての評価でした。最後まで読んで頂きありがとうございました。

    面白いRPG系のガチ推しゲームを紹介!

    10月末に350万ダウンロード突破した大人気ゲーム「ヴァルキリーコネクト」
    通称「ヴァルコネ

    城ドラでキャラ育成時のヒマな時間に始めてみました!

    最近、始めたばかりだけどすごく映像や絵が綺麗でイイ!!ストーリーも良く、3Dキャラはカワイイし声優も超豪華
    システム自体は以外に簡単で面白いです!

    簡単な操作で遊べてバトルに勝利したら、レベルが上がるので楽チン!オートもあるので戦闘も楽!

    無課金でもそこそこやっていけるので、気長に出来る方にオススメのゲーム!

    レビュー評価は★4.6とさすが高いだけのことはあります!

    RPG系のアプリゲームなら「ヴァルコネ」
    ガチでオススメです!!

    【iOSはコチラ】
    ヴァルキリーコネクト
    【androidはコチラ】
    ヴァルキリーコネクト


    スポンサードリンク
    • 2016 07.03
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • LINEで送る
    RETURN TOP