【城ドラ】リーダーやサブリーダーを選ぶときにおススメする考え方

  • 城とドラゴン ウィッチ
  • 【城ドラ】リーダーやサブリーダーを選ぶときのおススメする考え方!

    リーダーはバトル前に選択できて、サブリーダーは事前にバトルに出すキャラを選択することができます。どちらもバトルに出せるキャラを選ぶだけで、そんなに違いはないんじゃないのか?と思われますがその本質は全然違います。

    本記事ではリーダーやサブリーダーを選ぶ際に、考えておきたいことなどを紹介していきます。

    スポンサードリンク

    リーダーを選んだ際のメリット&デメリット

    城ドラ リーダー サブリーダー

    さてまずはリーダーに設定した時のメリットについて書いていきます。

    リーダーに設定するとスキルの発動率が上がります。加えて調子のステータスも変動します。ですので調子のいいキャラをリーダーにすればスキルを連発し、調子が悪いキャラをリーダーにすれば、そこそこスキルを発動してくれます。

    デメリットはバトルの相手に、手持ちが1体見られるということですね。リーダーを選択すればバトル時の名前と自分が設定したリーダーが分かってしまいます。

    例えば、相手がゴーレムリーダーでこちらは手持ちにミノタウルスいたとします。

    相手からはミノタウルスが見えていないので気軽にゴーレムを出しますが、こちらにはアンチゴーレムのミノタウルスがいるので、召喚して簡単にゴーレムを倒します。相手は「しまった!」となるわけです。

    今回の例えは相手を一歩出し抜いたように書きましたが、これは自分にもあることで相手はこちらのリーダーを倒せる何かしらの一手を持っている可能性があるのです。なので、お互いリーダーを出すまで隠していることが多いです。

    対策としては自分のリーダーのアンチを明確に理解して、先にそのアンチキャラを召喚させて対処する必要があります。読み合いが発生するわけです。とりあえずここに召喚しておけばいいや~…ではダメなのです。

    まあでもこれは一朝一夕で身につくものではないので、フリーバトルなどで経験を積みましょう。練習あるのみです!

    スポンサードリンク

    サブリーダーに選んだ際のメリット&デメリット

    城ドラ リーダー サブリーダー

    次にサブリーダーについてです。

    メリットは事前に選出するキャラを決めれます。なので自分の持ちキャラで一番強いキャラを選んだり、大型を選んだりします。相手には見られません。勿論自分も相手のは見ることができません。

    これは私の話になるのですが、サブリーダーに設定する基準は、現環境上で最も役に立てるキャラに設定します。私の手持ちの場合はヴィーナスにしています。

    デメリットはリーダー選択の恩恵がないということです。スキル発動率は上昇しません。それに必ず選ばれるので、環境にあったキャラじゃないと腐ってしまいます。

    以上、リーダーサブリーダーについて書いてみました。他にもリーダーとサブの設定で毎試合コンボ(ドラゴンライダーとゴーレムのような)ができます。

    しかし読み合いは必須になってくるので気を付けましょう。リーダーとサブの選択&運用次第で勝率があがるかもしれません。

    オススメ新作スマホゲーム
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • LINEで送る
    RETURN TOP